サメキャンドルが火を噴くまで

火を噴くサメキャンドル。

火を噴くサメキャンドル

サメ展の出展が決まってから思い始め、ようやく、形になりました。

モヤっとした感覚。

芽生え始めたサメ魂。

口を開いたところを作りたい。

そう思ってモヤモヤする時間。

その時間が大事です。

形にするために、モヤモヤする時間。

産み落とすまでの時間。

技術的なこと。

作る手順。

創りたいかたち。

だいたいいつも、そこがぬるんといっしょくたになって、降りてきます。

今回も、確か納品の2〜3日前に、ぬるんと降りてきました。

ぬるん

という、感覚です。

横から見たら、こんな顔

出来上がりかけで、どこに芯をさすか一瞬だけ迷いました。

鼻先か、口の中か、ほんの一瞬だけ。

でもすぐに、

いやこれは口の中でしょう、口、開いてるし、かぱっと開いてるし。

そうして、火を噴くサメが出来上がりました。

みんな雰囲気が違う

わたし的には、このサメさんは、ぬしさんの親戚関係だと思っています。

違う親戚関係が増えるといいなとも思います。

PAGE TOP