好きな質感の蝋

 

 

こちらの木の肌は、初めて扱うワックスです。

白で作ると漆喰のようになる素材だけれど、今回は木のようにしてみました。

こちらのワックスは、無色で扱うとマットな白で発色します。
なので漆喰のようになったり。
もしくは、少し面白い配合をすることでクラックができたり。

出来上がりの、見た目がざらざらもそもそしているこの質感、大好き!!!
それでいて触ってみるとちょっとぬるぬるしている、そのギャップもいいんです。

 

パンにも応用できそうです!
いくつかパンの候補があるのだけれど、どこで使おうか・・・
まだピンと来ず。
これだ!と思ったら使い時!とします。

それまでは木を作っていたい気分でもありますが(できればちょっと大きめの木を作ってみたい欲もありますが)、こちらのワックス、質のいいものがなかなか手に入らないようです。

これなら大丈夫というレベルのものを
わたしも分けてもらいましたが、残念ながらほんの少量です。

大事に使わねば。

***

ワックスは、種類もたくさんあり扱っている人も増えてきましたが、市場に出回っているものが本当に害が少なく質のいいものかどうか、わたしは常に気を配っていたいと思っています。
そして自分が納得のいく質のものを使いたいと思います。

そのあたりの話はまた今度。

 

PAGE TOP