キャンドル作りのどこが好き?その1

蝋にはたくさんの種類がある。

硬い蝋、柔らかい蝋、手で捏ねられる蝋、保温性の高い蝋。
いろいろな分類も出来るし、特徴もたくさんある。
2種類3種類を混ぜていくことにより、違った特徴が出てくる。

【配合を考える】
キャンドル作りの面白いところのひとつで、わたしがキャンドル作りが好きな理由のひとつです。
ぬしさんの頭を作るのに、くるるんとしたい!
くるるんとしやすくするためには、あれとこれを混ぜる。どの程度の配分で混ぜる?
どのぐらい柔らかくなるとくるるんと出来る?

くるるんぬしさん

くるるんが出来る配合とにょろにょろが出来る配合は違うのです。

にょろにょろぬしさん
From Instagram
例えば、7:3でくるるんと出来るのであれば、7:2:1でにょろにょろが出来たりするのです。
(これはあくまで例ですが、、、)
そういうことをあれこれ妄想する楽しみが、わたしにとって蝋の魅力でもあるのです!

Twitter

最近の記事

  1. From Instagram

    2020.04.4

  2. From Instagram

    2020.04.4

  3. From Instagram

    2020.04.4

PAGE TOP