海獣の子供 鑑賞

From Instagram
映画 『海獣の子供』 鑑賞。

アニメーションは圧巻!!描写は奥行きがありとても素敵。海、宇宙、生命たち、とにかく画がすごい!!!綺麗と言いたいところだけど、いわゆるデジタルの「綺麗」とは分けて捉えたいので、敢えて素敵と言いたい(つまりはキレイ)!!!

線が多くて私はむしろ、デジタルのぱっきりした綺麗さというよりは、アナログ感を感じたのだけど、きっとそれは原作漫画の雰囲気を大事にするアナログ的手法なのかなと思うし、そこにデジタル技術を絡み合わせていて、それは映画がフィルムではなくデジタル上映になってるからこそ活きてくる部分かなと感じた。

ある意味、映画がデジタルになったからこその良さが発揮されているというか、これがフィルムだったら何かが損なわれる気がする。また、いずれフィルムならではの味の部分が画の良さを損なわせることもあるかも。うまく言えないけれど、劇場で観れてよかった。

宇宙とか生命とか細胞とかその界隈のお話だから、ストーリーはどんどん難解になってゆく。深いのはわかるけど、解明はし難い。考えるな、感じろ!と。わたしはそういうの大好物だし、ビリビリきた。

言葉にするのは難しいから、例えば、宇宙とか生命とか海の中とかって神秘的だね、でいいと思う。何でもかんでも理解する、じゃなくても良い。受け止めればいいんだよね。

それは、ルカの家族関係の変化にも表れているのかもしれない。

オマージュはポニョ とか、エヴァ とか、2001年宇宙の旅 とか、あと火の鳥 とか、多分他にもあるんだろうな、と思う。

あと、お父さんが 稲垣吾郎 さんだとは気付かなかった。すごく良かった。お母さんは 蒼井優 さんだと分かって観ると(エンドロール後)、ほんとだ!って分かるけど、お父さんはうそ!分からなかった〜という程、言い意味で気にならず馴染んでた。驚。

–––––

せっかく出掛けたので、近々行くであろう「映画 アンパンマン」の前売り券も購入。アンパンマンは2歳から有料なんだって。うちの2歳児は映画館は初めての場所だから、きっとママのお膝の上!ってなるので席は必要ないのだけど、2歳で入場する以上は有料だそう。というわけで、親子ペア券を購入。前売り特典もいただいた。そういうの懐かしい。自分が親子ペア券を購入する日が来るなんて、ね。

#day_to_day #映画鑑賞 #元映写技師

PAGE TOP