サンプルを作るということ、その1

From Instagram

 

レッスン用にメロンパンを改良してみました。
もともと数種類の蝋を配合して作っていたのですが、その配合割合を変えてみました。

日頃、作りたい!を込めて作るコたちとレッスン用にサンプルを作り上げるという作業は、ちょっと違うということに気付きました。

使う脳みそが違うというか。
もちろんどちらも楽しい作業なのだけれども。

作りたい!を込めて出来上がっていったコたちを、作り方を知りたい!と言ってくださる方がいて、伝えたいにつながっていく。
最高の喜び!!

作りたい!の延長に、伝えたい教えたい!があるのは、確かなことです。

でも、
教えたい!ためのサンプルにするには、しっかりした技術に基づいた作り方を凝縮させていかなければなりません。

いつか出逢うであろう人のことを想像しながら、どのパンにどの技術を詰め込んでいくのか、頭の中であれやこれやと考えながら作り上げていっています。

作り方はひとつしかない訳ではなくて、講座として世に出すためには、最善の組み合わせを考えていたりします。

今回はレッスン用に、メロンパンのサクサク感を残したまま、初心者さんでも操作しやすいような配合に改良してみました!

PAGE TOP