3.11の日に

被災地復興支援 i-くさのねプロジェクトさんのご依頼で
キャンドルを作らせていただきました。

私自身は震災当時は東京にいたので被災した訳ではないのですが、
当時のことは鮮明に憶えています。

−−−−−

2011.3.11-14:46
歯医者さんの待合室で問診票を書いていたら揺れ始め、
大きく揺れてテレビが倒れそうになりとっさに抑えた。
少しおさまったので窓の外を見たら、地下鉄の入り口から
人がたくさん湧いて出てきていた。
治療をどうするか聞かれ一度は帰ろうとしたが、
やはり治療してもらうことにして、揺れたら中断を
繰り返しながら診てもらった。
薬局に行き順番を待っていると、テレビで津波の映像が流れた。
薬剤師のおじいちゃんが、こんなの初めて見たと興奮気味に言ってきた。

うちへ帰ると家の中はCDや本、みかんが散乱していた。
見ると同じ壁面のものばかりが散らかっている。
どちらから揺さぶられたかわかる感じ。

そこそこ大量のCDだったこともあり、すぐに片付ける気にはなれなかった。
余震で家が揺れる中、リュックを背負ったまま部屋の中をうろうろするだけ。
あとは呆然と、テレビから繰り返し流れる津波の映像を眺めていた。

地震直後には通じた電話もしばらくして通じなくなってしまった。
メールも届かない。
三重県の実家に連絡がついたのは、翌日の昼だった。
当然、両親も心配していた。

そして、原発事故。

その後。
私が住んでいたところはありがたいことに計画停電もなく、
日々とにかく不安だったけれど大きな不自由を感じることはなかった。

−−−−−

それぞれの10年がある。
私に何ができるだろう。
今作っているキャンドルにはどんな意味があるだろう。

支援なんておこがましい、鎮魂?いやいやいやいや、
なり得ない。

自分の大切な家族や友人が突如として、
もう二度と会えなくなる、
そんなことを想像してみる。
涙が出る。
胸がギュッと掴まれる思いがする。
つらいつらいつらい、
いやだいやだいやだ、
やめてほしい。
でも、どうにもならない。
どうしたら良いかわからない。
何もなくなってしまった。
そんなことが2万も同時に起こった。
明日がどうなるか、わからない。
約束された明日がくる訳じゃない。
生と死
生きるとは
創るとは

そんなことを日々、いや、時折思いながら過ごしている。

自分に何ができるだろう?
東京で暮らしている私に何か、なんておこがましいな。
結局のところは、
思いを寄せる
ことしかできないのだ。
と。

今回、ご縁をいただいたことに深く感謝します。

PAGE TOP